株式会社dmi ビッグデータ時代に結果を出し続けるDB分析企業です。

コアコンピタンス

  • HOME »
  • コアコンピタンス

コアコンピタンス

基盤技術特長 【ベイジアンネットワークとは】

90年代以降実用化が可能となったことで、世界の技術先進企業で注目・活用されており、
現在、統計手法の中で最も精度が高いとされている 「予測分析技術」 です。

1,「ヒトの行動」を確率予測する技術

  • ベイジアンネットワークは「ベイズの定理」 に基づく確率予測を可能にする技術である。
  • ヒトの行動(購買、離脱、来店、クリックなど)は不確定要素が多いため、「AならばB」のような単純なルールだけで表すことは難しい。
  • そこで、「ベイズ定理」 に基づいた確率推論を使うことで、単純なルールでは表現できないグレーな部分を表現できるので、より精度の高い予測が可能になる。

2,「多種」データで、「多種」予測する技術

  • 企業が活用できる「ヒト」のデータは多種多様である。
  • 顧客属性、購買履歴をはじめ、施策履歴、対話履歴、WEB履歴、アンケート、公共データなどが存在する。がしかし、企業が活用できているデータは購買履歴のみなど、ごく一部でしかない。
  • また、多種多様な経営課題に対して、経験と勘だけで意思決定しており、顧客ランク(RFM分析)など、顧客の一面だけで意識決定を行っている企業が多い。
  • そこで、ベイジアンネットワークを用いれば、「多種」なデータを統合的にモデル化することができ、かつ、予測項目同士の関係も加味した上での「多種」な予測が可能である。
cc001

スコアリングの特長【予測スコアについて】

dmiは多種なリアルデータをモデル化する事ができ、構築したモデルにおいて、多種な予測項目をスコア化する事ができます。

1,「多種なリアルデータ」 をモデル化できる

  • 多種多様なデータを蓄積することができるシステム環境が整いつつある。
  • 一方で、蓄積した各種データを扱いとしては、少ない種類のデータを集計して単純なルールを運用している企業が多い。しかし、ヒトの購買などの行動は複雑なため、単純なルールだけの運用ではヒトの行動は表現しきれない。
  • dmiは多種なリアルデータを活用することで、従来表現できなかったヒトの行動をより精度高く予測することができる。
  • 多種様々なリアルデータを扱った経験豊富なスタッフが、多種データが扱いやすいベイジアンネットワークを用いてモデル化することで、dmiは 「多種なリアルデータ」 を活用できる。

2, 「多種な予測項目」 をスコア化できる

  • データを経営課題の解決に直接的に活用するためには、「顧客の見える化」 だけでは不十分であり、 「顧客行動の予測」 が重要な技術課題である。
  • しかし、データを使って予測できる環境や体制を自社内だけで作ることは難しい。
  • 過去様々な予測スコアを開発した経験豊富なスタッフが、多種スコアを扱いやすいベイジアンネットワークを用いて開発し、dmiは精度の高い「多種スコアリング」 を提供します。
cc02

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6309-7110 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

  • facebook
Copyright © 株式会社dmi All Rights Reserved.